最強のおすすめイヤホン

2019年7月8日

どうも。

最近は梅雨の関係で私の住んでいる地域は特に雨が降って最高に配信日和でした。

今日はどんな記事をかこうかなーと思いながらデスクをキョロキョロしていたらイヤホンが目についたのですが、皆さんはイヤホン派ですか?ヘッドホン派ですか?

配信をするときにヘッドホンを使っている方をよく見かけるのですが、私は長時間配信をするとなるとヘッドホンではすぐに疲れてしまうのでイヤホンを使用しております。

確かに音はしっかり聞こえてきて臨場感を感じることはできるのですが、なんだか耳が圧迫されている感じがしてあまり好きではないんですよね…

実際私の周りの配信者の方々もイヤホンを使っている方が大半なのですが、みんなイヤホンを購入する際にとっても悩むようです。

確かに種類やメーカーで価格帯も異なりますし、実際イヤホンてそんなに物によって違うの?と疑問に思いますよね。

私は配信用のイヤホンを買うならこれをリピートしまくると決めているものがあるので、今回は特別にそのイヤホンをご紹介していきたいと思います。

何年も愛用しているものなので自信をもっておすすめできる商品です!

  • 私のおすすめイヤホン

** イヤホンに求めるもの

私は別に専門家でもないのでイヤホンに詳しいわけではないのですが、日常的にイヤホンの使用時間が長く、音質にもある程度こだわるため色々な種類のイヤホンを購入して試してきました。

さて、皆さんがイヤホンに求めるものはなんでしょうか?

私は、音質やフィット感や断線のしにくさとデザインを求めます。

低音や高音がああだこうだと言えるほどは詳しくはないので、自分ではイヤホン初級者から中級者くらいなのではないかなと思っております。

私のようなイヤホン初級者から中級者の方にはおすすめできるイヤホンだと思うので、読み進めていただけたらと思います。

** おすすめのイヤホンはこれ!

SHUREイヤホンSEシリーズSE215

こちらが私のおすすめのイヤホンです!

とにかく細かく音を拾ってくれるので、配信している音を自分でモニタリングする際に小さいノイズなどにも気付けます。

つまりリスナーの耳にやさしい配信を行うことに繋がるのです。

やはり、どれだけ楽しい配信でも耳障りなノイズが常時聞こえていると、長時間聞いていられないというのは当然だと思います。

デザインもスタイリッシュでかっこ良いため配信に限らず、普段使いにもおすすめです!

実はこのイヤホン、最新作として、ワイヤレス型も発売されております!

ワイヤレスの場合はオーディオインターフェースには接続できませんが、パソコン以外の端末で配信する場合であれば使用することが可能ですね。

普段から音楽を聴きながら移動する方などには特におすすめですね。

私はずっとこのイヤホンを配信用にリピートしております。

「リピートをしてるってことは結構壊れやすいの?…」なんて思われてしまうかもしれません…

違います。そんなこと全くありません。

イヤホンのケーブル部分も非常に丈夫に作られており、断線のしにくさはかなりのものです。

もちろん私はが使用していて壊れたことは一度もありません。

私が何度も買いなおしている理由は、宿泊先に置き去りや、公共の乗り物に置き去りなど、私が忘れっぽいのが原因です。

お恥ずかしい…

私が外で配信をする際に、外出先に忘れてきてしまうことが非常に多いのです。

ほんとにもういい大人が無くしものなんてお恥ずかしい話ですがなぜだかしょっちゅう忘れてきてしまうんですよね。

無くしてもいいようにもっと手頃な価格のイヤホンに変えようかと思ったこともありますがあの使い心地の良さが忘れられず結局他のイヤホンには移れない自分がおります…

高くても他のイヤホンには戻れなくなってしまうくらいこのイヤホンに惚れ込んでいます。

一度使ってみたらほかのイヤホンに移りにくくなってしまうのが唯一のデメリット?なのではないかなと思います。

自信をもっておすすめできるイヤホンなのでぜひ皆さんご検討してみてください!

  • 最後に

私はもともとイヤホンなんてなんでもいいやー音が聞こえればいいやーって感じの人間だったのですが、配信をきっかけに色々なイヤホンを調べて使用するようになりました。

意外とイヤホンに興味を持って調べてみると色々なものがあり楽しくなります。

逆に色々なものがありすぎて、どれにしていいか悩んでしまうということもありますが、最初のきっかけとして、今回私が紹介したイヤホンを手にされた方に喜んでいただければ私は嬉しいです。

もちろんデザインや色の好みがあると思うので気にいった方は試してみてくださいね。

私がここまで惚れ込んでいる理由が分かると思います。

という訳で今回はこの辺でお開きです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回の記事も宜しくお願いいたします。